*福岡市今泉にある美容室「ジュエル」では、あなたの魅力をより輝かせるお手伝いをさせて頂きます。 *

Jewelのこだわり

あなたはどっち派?

くせ毛を活かすも殺すも美容師次第!?だと思います。

もちろん本人のセルフイメージが明確で、さらさらヘアへのこだわりがある場合は別ですけど、
縮毛矯正をかけているお客様の実に半数くらいの方は、くせを活かせるようなヘアデザインがあるならそうしたい!

と言うのが本音のようです。

そこで美容師の本音はどうか?
と言うと、美容師のおそらく半数以上の方は、くせには縮毛矯正と考えているのではないかと
思います。


きれいになりたくて美容室に行くのですが、現実は繰り返しの縮毛矯正やデジパー、明度の高い明るめのカラーリングなどでのハイダメージ毛となっている方が多いと思います。

ジュエルのお客様の半数はアドバイスをさせて頂いて縮毛矯正を止める方がいます。
されるにしても
(例えば3ヶ月に一回縮毛矯正していた人は、半年に一回、1年に1回にして頂く。)
前髪だけする方もいます。

どうしてそういうアドバイスをするのか?

それは美しい髪をデザインした方が長い目で見たら喜んでくれるからです。

そういうアドバイスで、今まで傷んでしまっていた髪が健康的になり、ケアをしっかり頑張っている回復した髪にたまに縮毛をかければ美しい縮毛矯正になるのです。

要は本気で髪の事を考えて、髪質を活かしたいと思えるかどうかです。

くせを生かせるかも知れない!?と美容師が考えて髪を見ているか?どうか?で
アドバイスも違って来ます。

逆にヘアデザインよりも、客単価を優先する美容師には迷いはありませんから、くせ毛=縮毛矯正=客単価アップ!そういう思考回路は頑固なまでに変化しません。
くせを生かすには、それなりのカット技術が必要ですが、僕が考える技術は、
くせを生かしてあげたい!という純粋な美容師の心がけが前提で生まれるものだと思うのです。

テクニックだけ、技術だけのノウハウを講習会で学んだとしても、そういう生かす愛が無ければ
表面的なことで終わってしまい、結局お客様が自宅でシャンプーしたら、美容室を出た時の
スタイルと全く違ったスタイルになり、手入れがしにくいので束ねるしか無いという
結果にも繋がりかねないのです。

ジュエルでは素材美をとても大切に考えています!またゲストに合ったオンリーワンの施術にも
取り組んでいます!
貴女の素材は活かされてますか?
Jewelのこだわり